のび太リアニズム

アクセスカウンタ

zoom RSS わさドラ感想第13回 夢まくらのおじいさん(2010.6.11)

<<   作成日時 : 2010/06/11 23:52   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 0

パパが急に厳しくなった!
それはパパの夢におじいちゃんが出てきて、
のび太を甘やかしすぎだと言われたからだという。
のび太はおじいちゃん本人に抗議しに行って……!? 

1週間ごとにドラえもん成分注入。
あぁ、シアワセ。つくづく実感しました。

○ 夢まくらのおじいさん
 【今日ののび太は 新 黄 《正式ボタン》 → 07ver. 赤
 →3ボタン 緑】

※のび太の服を表します。
3ボタンとは、冬の「パーカー」のフード・ポケットなし、
半袖バージョンと考えて結構です。

親というものは、甘やかしすぎてはならないし、
かといってただ厳しいだけでもいけません。
厳しさの中に優しさを含んでいることが理想の親像の一つでしょうし、
子ども社会に干渉しすぎてはならないのです。
のび助が帰ってくるのを今か今かと待っているおじいちゃん、
そしてのび助と大将との決闘を見守る姿。
現代っ子ののびみつからすれば、
当然おじいちゃんがけんかをやめさせるものだと予測していました。
しかし、ドラえもんが電光丸を出そうとするのを阻止して見守っているシーンは、
親というもののあり方をはっと気づかされた瞬間でした。

ワールドカップという悪ノリ?も一部を除き不自然ではなく、
のび助の子ども時代との伏線も見事でした。
しかしながら、
見事だった分、普遍性が欠如してしまったのは
よけい残念でなりません。

・いきなりかっこいい曲
ワールドカップを応援するための練習ということで
のび太に活を入れるジャイアン。
そのときのBGMはサントラヒストリー2に未収録。
もったいないです。
感動系05(勇猛)への導入のBGMという感じで、
のびみつは大好きです。
「天の川鉄道の夜」での巨大隕石サブロー突進計画の場面が逸品。
沢田完先生ー! CDに入れてくださーい!!

それにしても、活を入れられて張り切るのび太が
珍しくかっこいい。
まあ、こうしないと整合性というものがとれませんからね。
それにしても、ジャイスネがやけにやさしい。
まあ、こうしないとせいg…(以下略)

・パパとの帰宅
なんかこういう場面いいですね。
ドラえもんが一切出ずに、親子の描写というのも素晴らしいものです。
このBGMは2006年発売の「ドラえもん音楽集」19番「M-5」です。

・夢
パパはなぜ海水浴?
まったくわかりませんでした。

・提供画面
だから…カウントダウンはやめてください?

・前日と発言が180度異なるパパ
当初と発言が180度異なる元首相

・前転→ひるね
すばらしい動き。動きに無駄がありません。
嫌なことがあったらひるねして忘れる。
多くの人がうらやましいと思っていることでしょう。

・「マンガ買ってくれるのかな?」(のび)
パパの口調、険しい顔……
野比のび太さま、空気をお読みくださいませ。

・「あなた、ちょっとやり過ぎよ」(ママ)
今回はママがフォロー役。
「僕の生まれた日」でも書きましたが、
親のうちもう一方がフォローすることは大切なことでしょう。

・のび太、抗議へ?
のび太、
「おじいちゃんに会ってみたいしね」(ドラ)で態度急変。
なんなんだ? 笑えました。

・ドラのギャグ
ヘコー! 
「グフフ」は、大山のぶ代さんならば「ウシシ」になるでしょうね。
それにしても、草の影から垣間見るのびドラのまあるい目がかわいい。
瞬きとパチパチという効果音もポイント。

・時代はいつの設定だろう
「白ゆりのような女の子」(原作優先説)では昭和20年の夏。
今回はいつくらいの設定なのでしょう。
今のパパ世代(「ぞうとおじさん」など原作非優先説)とすれば
古くさすぎて疑問が多すぎます。
最大手少年向け週刊誌(「少年マガジン」「少年サンデー」)の発刊開始が
1959年春。
発刊当時の人気でマンガが子どもたちの話題の中心だったととらえ、
場面は1959年夏と推測します。
ということは、パパは1949年生まれという設定になります。 のびみつ父と同じ…
「白ゆり〜」のパパは逆算しておおよそ1935年生まれ設定なので、
約14歳の若返り。 なんじゃそりゃ

パパ担当の声、「白ゆり〜」よりも
かなり太すぎませんか?
そろえてほしかったのですが、
都合がつかなかったのでしょうね。

・あれ、誰だっけ
のび郎おじさん! すみませんすみませんすみません…
お年玉いっぱいくれるおじさん。
あれっ? 
じゃあ、「してない貯金を使っちゃお!」で
ローンで高級車、ゴルフクラブ買ったおじさんって誰だっけ????
「アニキ」だからパパの弟でしょう?
???
じゃあ、
ローンおじさん(仮称)=のび郎おじさん??
顔違うような? 自分の知識力の乏しさに涙。

・ココスCM
ドラえもんCMに「冬の時代」到来か!?
どうしてドラを切ったんだろう、ココスさん。
見限らないでください。(涙)
…それにしても、日本食研で煮込みハンバーグのたれの宣伝をした直後に
ココスの四角いハンバーグを宣伝するというシュールさ。
日本食研、「2と5のつく日は煮込みハンバーグ」って…
カレンダーで
2,5,12,15,20,21,22,23,24,25,26,27,28,29日が強調されていたのですが、
20日から29日まで毎日煮込みハンバーグなんて……!


・2週連続、クツがカギ
ガラス→ズック靴。落差が……。
それにしても、スタッフさんはすばらしすぎですね。
週をまたいだ関連性をもたせるとは!

・心配するおじいちゃん
おじいちゃんが家を出て行く場面のBGMは
「キミが笑う世界」のアレンジで
深刻な場面に使われる、サントラヒストリー2に未収録のBGMです。
これもCD化していただきたいです。
この場面からおじいちゃんのイメージが変わってきますね。

・ガキ大将の家
ご、豪邸……!
ジャイアン似ですが、全く違うでしょう。
地主のにおいがプンプン。

・裏山へ
川原の場面、水面に映る夕焼けが美しすぎます。
この河川敷にもいろいろなドラマがありますね。
「おじいちゃん パパのこととっても心配してる!」(のび)。
のびドラがうるうる。いいですね。

おぉー! 昔の商店街&裏山の風景写真!
田畑が多いですね。
やはり商店街の部分には建物が密集していますね。
このシーンは完全保存版です!

・大将との勝負
いじめの構造にはなっていないことがすばらしいです。
のび助に竹刀を渡し、剣道としての勝負になっています。
いじめとなる場合は、この場面でいえば、
大将含め3人で規則なしにのび助を暴力することでしょう。
いじめではないため、助太刀はいらないのでしょう。

昔のガキ大将にはものをわきまえるところがあったのだ、
それにひきかえ現代は……
というベタな主張にするつもりはありませんが、
教育に携わる人ならばこの部分は
しっかりと考察せねばならないところに違いありません。

のび助の一本シーン、
かっこよすぎ。
アベコンベの鉛筆のばし並みのかっこよさ。
大将、すがすがしすぎ。


・なんとかマムシに乗って未来から
嘘をついているとは全く見えないのび太の目、
うん、確かに純粋すぎる。

高橋書店は、現代の、「あの」本屋なのでしょうか?
候補の一つ。

・現代に戻る
ちゃっかりお小遣い値上げ要求。
しかもドラまで(笑)。
そしてBGMは感動系13(平和な結末)
これも未収録なのでCD化を!

のび太がボールをギリギリとりました。
ジャイスネは今回は素直に喜んでいますね。
それにしても伏線が素晴らしいです。
これだからドラクオリティは侮れません。
これだから子どものためだけの番組ではないのであります。

・「ワールドカップ日本勝利!」
謙虚ですね。すばらしい。
「ベスト4」とか、ましてや「優勝」ではなく、
「勝利」が目標なのです。ここがミソ。
のびパパ、足が先々代OPアニメで
息子さんが跳ねていた「シャララララ」になっていますよ。
さすがに最後の方はくどかったかな?
許容範囲ギリギリです。

ところで、今回か前回のワールドカップ出場を決めたとき、
「地球防衛家のヒトビト」(しりあがり寿さん)の4コマ漫画で
やっとワールドカップ行ける! と叫んでいて、
登録商標だから大声で言うのは…と注意されて、
W杯行ける! でも注意されて、
WC行ける! と言って、トイレみたいだね、と言われるのが
記憶に残っています。
爆笑したのを覚えています。
ちなみに、最近の4コマ漫画で大爆笑したのが
5月10日の「ののちゃん」。
連休明けのつらい朝を描いているものです。
縮刷版などでご覧になってみてください。


・ミニコーナー
俊輔選手が えかきうた? ドラえもん描きに挑戦してくれました。
うんうん、どうしても縦長になっちゃいますよね。
それは模様が原因ですので、俊輔選手の問題ではありません。
それでもかなりうまいです。拍手。
ドラえもん大好きでいらっしゃるんですよね。
3年前のアジアカップのときにも声アテに参加してくれました。


次回は、1週お休みしてスペシャル。
2本のうち1本は再放送です。チョイスはgoodです。
新作は、要するに、ジャイアンだらけ!?ですね。
ドラえもんだらけ、のび太だらけはやりましたよね。

勝手に妄想、「〜〜だらけ」
スネ夫だらけ? いやだなぁ
しずかちゃんだらけ? 歓迎いたします
ミニドラだらけ? 大混乱になりますね
出木杉だらけ? アカデミックな大議論!?                  

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
パパは小学四年生
 6月11日の『ドラえもん』(通算215回くらい)は、「夢まくらのおじいさん」が放送された(リアルタイム視聴)。 ...続きを見る
銀河後悔日誌〜ともかく〜
2010/06/12 00:05
2010/6/11 ドラえもん
ドラえもん感想 6月11日 ...続きを見る
京大藤子F不二雄同好会のブログ
2010/06/12 20:07
のびみつによるわさドラ感想ブログの前史 大公開
私のびみつは,2010年3月から感想ブログを書いているのですが, それより前もドラえもんにハマっておりました. ブログ書きたいなあと思っていたわけです. ...続きを見る
のび太リアニズム
2015/08/16 22:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
わさドラ感想第13回 夢まくらのおじいさん(2010.6.11) のび太リアニズム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる