のび太リアニズム

アクセスカウンタ

zoom RSS わさドラ感想第22回 変身,変身,また変身、大氷山の小さな家(2010.8.27)

<<   作成日時 : 2010/08/27 23:40   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 2 / コメント 3

馬みたいに足が速く、象みたいに強くなりたい!
そんなのび太の希望で、
思い描くだけでその動物になれる「変身ドリンク」登場!
しかし、動物と人間の境にあるのは衣服の有無という差。
今回も、非実在青少年のっ……(以下略)


○ 変身、変身、また変身
 【今日ののび太は 新 黄 《正式ボタン》 →07ver. 赤 】

※のび太の服を表します。

変身ドリンクは09年5月15日「しずかちゃんが消えた!?」でも
使われました。
「しずかちゃん〜」は変身ドリンクを道具として
しずかちゃんとネコとの交流を中心に描いたのに対して、
今回は変身ドリンクそのものがおはなしの中心になっています。
ストーリー自体は非常に単純なものでしたが、
単純な作品にこそスタッフさんの力量が問われるといわれています。
今回は、緩急織り交ぜてテンポよく、面白いところは面白く描かれていて、
非常に楽しむことができました。
もはや、ドラえもんの短編には絶対的な安心感を覚えます。

・ジャイアンに追いかけられるシーン
いきなり最初から、高速カメラで、道路→のびジャイスネと映すカメラアングル。
ちょっとした工夫が視聴者を引きつけています。
のびスネが追いかけられている理由は具体的に明かされていませんが、
こういうのもいいですね。
のび太は襟をぐいと引っ張られ、ボコボコにされます。
のび〜るね、襟。これが服が伸びた第一原因じゃないの?

・馬や象の進化
ドラえもん師匠の講義タイム。昨日のまりもドラかわいかった
こういうのが「ドラえもん」らしいんですよね。
学習マンガというほどでもないのがまたよろしい。
ところで、キリンの首については、首が長くもなく短くもない「中くらいの長さ」の
キリンの化石が出てきていないため、よくわからないそうですね。
遺伝子学の先生が言っておりました。

・「効き目は6時間だよ」(ドラ)
今回のおはなしには直接関係しませんでした。
逆にコロコロ変わっちゃったということです。

・のび馬
不格好ですね(笑)。
全然話違いますが、よく時代劇でみる馬はサラブレッドでスタイル抜群ですが、
当時は木曽馬なので胴長短足だったんですよね。
時代劇のはかっこよすぎるんですよ(笑)。
閑話休題、今回は服を着たまま外に出るんですね。
いずれ脱ぐことになりますが。

「ちょっと行ってくる〜」(のび)
ポトン
キャ〜!」(ママ)
これがもう、たまりません。でも実際に起きたらそういう反応でしょうね。
もしくは、そのまま絶句or気絶。

・空き地へ
元の姿に戻って、服が伸びたまま空き地へ。
服が伸びて首の下が露出したのび太、エロいと言えばエロい。
でも、あとにもっとお約束があるわけで。
というか、スネ夫はなぜもうジャイアンと仲良くしゃべっているんだ?
ジャイアンがのび太をボコボコにした時点でスッキリしたので
もう危険ではなくなったから、でしょうか。
というか、それが分かっていても
すぐジャイアンのもとに行く必要はなかったでしょう。

・「ベロベロバババババ〜」(のび)×2
ジャイアンが怒るのは別にいいとして、スネ夫が怒るなんてびっくりです!
「スネ夫の無敵砲台」(2008.11.14 2010.6.25)では
ベロベロ…バ〜! ベロベロベロ…アッカンベ〜おしりぺんぺん!
と言われてもシラけていたのに……。
ジャイスネに追いかけられてうさぎになったのび太、
ついに服がすべて脱げます。
ジャイアンにシャツ、スネ夫にズボンがかかるというのも面白いポイント。
しかし、
ジャイアンの顔の大きさ≒07ver.赤シャツの大きさ  なんですね。
のびうさぎは、「のび太の中ののび太」(2009.8.7)に似ています。

・のびライオン
ゾウ→ライオンに変身したところで、買い物帰りの主婦に見つかり、
怖がられます。
この辺りは、主婦がのび太の立場だったら
「腹ペコご主人さま」(2007.8.17)を思い出しますし、あと…何かありましたっけ。

・「空き地動物園」にパトカー出動!
のび太は色々な動物に変身して、人々を驚かせ、警察官が駆けつけます。
のびワニの目が「驚いた目」になっていて、分かりやすいです。
そして元に戻って、すっぽんぽんになりました!
近くに服があったので着ようとしたら、パトカーのサイレンが!
公然わいせつのピンチ!(まあ少年なので逮捕されませんけれど)
警官2名は、のび太の服を見て、
「こ、子どもが食べられた!」と判断し、ピストルを手に取ります。
ちなみにこの警官のうちの1人は、
「体の皮をはぐ話」のときに飛んできた警官です。 声優さん、違う?
土管の裏に隠れても、どんどん近づいてきます!
ギリギリになってのびネズミに変身。難を逃れます。
見つかったら、2つの意味で危険でしたね。
@ 動物と勘違いされ、発砲されていたかもしれない
A 勘違いされなくても、「こんなところで何やっているんだ!」と叱られる


・その後の変身
ネズミ→野良猫→犬→インコ→のび太→インコ→しずかちゃん!!
ヌードしずかちゃんがしずかちゃんの目の前に空から落下!
しずかちゃん本人からすればおぞましいですが、
こちらとしては爆笑ものですね(笑)。
「あっあっ…しずかちゃんボクだよ のび太が変身してるんだ!」(のび)
「なおさらイヤー!!」(しず)
墓穴ほりましたね。
名のらなければ、新魔界みたいに「ええ? ええー!?」で済んだでしょうに。
ここが一番の山場でした。

しずかちゃん→カエル さらにしずかちゃんが絶叫。
カエル→ハエ? 複眼の景色が素晴らしいです。
ハエ→ゴキブリ ママにたたかれます(笑)。 

最後にすっぽんぽんののび太に戻って、おしまいです。
それにしても、ゴキブリをつぶした後、全裸ののび太を見て、
「あら?のび太…なんで?」(ママ)って、コメントのレベル高すぎですよ。


というわけで、とにかく愉快痛快なパートでした。


○ 大氷山の小さな家
 【今日ののび太は 新 黄 《正式ボタン》 】


暑くて夏休みの宿題が集中できない、だから巨大流氷上で勉強しよう。
しかし、やはり誘惑が……。

もう、暑くて暑くて……一瞬でも冬になればいいのに〜!
と思ったことのある方が多いと思いますが、
今回は贅沢にも巨大流氷に家をつくっちゃうおはなし。
これも安定した面白さでした。

・「あつ〜い!」(のび)
冷房がないのび太の部屋、しかも2階。地獄ですね。
私のサークルの部室も、最上階の南西側で冷房なしという地獄ですから、
のび太の苦しみはよくわかります。
前期が終了したとき、夜に打ち上げ会が開かれ、
人いきれのムンムンも加わり、サウナ状態でした。もはや緑茶がお湯。
それはおいといて、
画面の少しぼやけた感じが夏の暑さをよく表しています。
暑くて暑くてだれているのび太、まずその靴下脱ぎなさい。
そして襟付きのポロ、それはけっこう暑いですよ。 襟が暑い
そういうときこそ、07verの出番なのでは。
「かげがり」(2005.8.12)ではのび太はランニング姿の服でしたが、
年に1作品くらいはこういうランニングでもいいではありませんか。
まあ、今回はすぐに流氷に行っちゃいますが。

・「宿題なんてこ〜りご〜りなんて言わないで」(ドラ)
まさか伏線になるとは。

・かき氷を食べる幸せ
久しぶりですよ、このBGM。
空をふわふわ飛んだり、気持ちいいときによく流れますが、
最近あまり聞かなくなっていました。BGMとしてはけっこう古めです。
大体のイメージで、一番多く使われたのが2006年度でした。
個人的に印象的だったのが、「ライター芝居」(2006.9.8)の冒頭。
授業後の講習が終わって、急いで帰ってテレビつけたら、
このBGMが流れているなか、のび太が雲の中を泳いで、
「いっしょうけんめいのんびりしよう」と言った場面でした。
それにしても、この幸せの部分、
のびドラの顔がかわいく、声も幸せそうで癒される場面です。
「たまらな〜い」(ドラ→のび)2人の声がよく似ていて、最高です。

・「よしっ!よしっ!」(ドラ)
かわいい。

・どこでもドアで大西洋の巨大流氷へ
どこでもドア、日の目を見ましたね。
ファン対象のアンケートだろうが一般人対象のアンケートだろうが、
欲しいひみつ道具として絶対的に第1位に君臨あらせられるどこでもドア、
実際にアニメの中で使うときは、
ひょいとポケットから出して、どんとおいて、ガチャ。
ほとんど単なる道具としてしか扱われていないのです。
「スネ夫の無敵砲台」ではギャグも絡まっていたので
威勢よく道具名コールのみなされましたが、
今回は字幕テロップつきの完全版。 さすがに使い方説明はありませんが
涙。涙。

・ドラの手足
流氷を割っている間、のび太に声をかけられ、誤って
まあるい手にトンカチ……ぷく〜。
かき氷を食べるため、テーブルとかき氷器といちごシロップを運んでいる間、
バランスを崩して頭にのせたテーブル かなり無理がある 
まあるい足に直撃……ぷく〜。
ごめんなさいとってもかわいいです(笑)。
足は、人間で言う小指だったらもっと悲惨ですね。

・流氷かき氷
シロップのつけ方が本当においしそうです。
そういえばシロップを下に敷く地域もあるそうですね。

・家をつくろう
だんだんと目的から反れてきましたよ(笑)。
氷の家というと、「水加工用ふりかけ」(2006.8.4)を思い出しますが、
こちらは氷(というか固体の水)のブロックを積み上げる方式でした。
今回は削る方式です。 あのときはドラバウアーとかやっていましたね
ふわふわソファーって……実際、あんなにふわふわだったら逆に疲れます。
おいっ!のび太! テレビとはなんだテレビとは!
しかも電気は……(以下略)
というか、ドラが持ってきたのは、部屋に飾るための絵画。
おぉ、凝っていますね。本当に欠陥ロボットなんでしょうか(笑)。


欠陥ロボットですね。
→「全ては宿題のためだ。ドラえもん、テレビとマンガと布団を頼む」(のび)
  「ん…よしきた!!」(ドラ)


・完成!
海の中から見た海水面のゆらゆらが本格的でキレイすぎです。
なお、BGMは今年の映画「人魚大海戦」で使われた
「深夜の町が海底に!」(サントラヒストリー2 DISK1 No.4)です。
そろそろその年の映画で使われたBGMがレギュラーでも登場してきますね。
※今年は遅い方だと思います。
 2008年は「さよなら、キー坊」(DISK2 No.9)が
 6月末のSP「眠る海の王国」でジキムとの別れのシーンに使われましたから。

・おひるねのび太、流氷に蚊取り線香
も〜〜〜! わざとらしすぎるよ、しんちゃん! 怒る対象をそういうことにしておく
確かに「ウォーリーを探せ」みたいに難しかったらそれはそれで問題あるけれど、
アニメに「隠す」というレベルじゃないですよ……。
火はついていないからいいんですが、あれ、傾いていますよね。
火がついていたらコロンと転がって布団に引火しますよ!
第一あの場所に蚊がいるはずもありませんし。
木の根っこのひまわりぐらいでよかったんですよ。
一番自然な場所は、野比家のドアの外くらいでしょう。
せっかくそういう場面があったのに。


・空き地のみんなをさそって
悦子ちゃん登場! 緑色スカートですね。よくお似合いです。
ツルツル滑る野球、試合になるのか!? ですね。
で、おやつはかき氷(のび太4回目)。そりゃ氷しかないですし。
おなかがきゅ〜となります。
自分の家のトイレに行きたいのに、ツルツル滑ってみんなのところに。
みんなが楽しそうにしているのに、自分だけ下痢になりそうというのは
本当につらいですよ。
私、しばしばこうなりました。
みんながどんどん盛り上がっているのに、
こっちはどんどんおなかが痛くなる……。
つりざおでこけて、どこでもドアをキック、ツル〜といってしまう……。
怖っ!
「ドアがだんだん遠くなる」ですね。

・パパ帰宅
手ぶらで帰ってきたのでふつうの会社帰りではなさそうですね。
ドアを開けたら流氷の上、狼狽するパパが面白いです。
で、なんだその巨大うちわは……。


というわけで、本日は2本とも下ネタ?系でした。
暑い部屋でかき氷を食べるのびドラがいちばんホンワカしました。


・ミニコーナー
小石に描いてみよう!
おそらく先週のスイカと同時収録。
私は今回で「ここにも描けたよドラえもん」は終わりだと予測しているのですが、
どうなることやら。
でも、最初で最後(?)に、まともに描きました。
えかきうた通りに。何の奇抜さもなく。
やっぱり今回で最後かしら。
最後にいっぱいありますが、
スタッフさんたちが和気あいあいと河原(?)で小石におえかきしていたと思うと、
和みます〜。


さて次回は、ドラ誕SP!!
時間かけて、例年よりも気合いをいれた番宣!
しかもジャストドラえもん誕生日の放送!
ドラ誕SPだけに、最強布陣(たぶん)のスタッフ!
スペシャルだけ視聴する方もいらっしゃるでしょうから、
一般人にわさドラの力量を見せつける大舞台です!
スタッフさんはきっとやってくれる! 燃えてきた〜!(※熱血まんじゅう食べています)
うお〜!
そして、公式HPの「ドラえもんと仲間たち」の
最後の謎の空席は埋まるのか!?
9月3日よる7時! ドラえもん!!!

バシャ〜(消火)
それにしても、けっこう誕生日=金曜日って恵まれていたりする!?

2005年はドラミ誕生日。 でも当時はいなかっ……げほげほ
2006年はA先生&F先生誕生日。
2007年はジャイアン誕生日。
2009年はのび太誕生日。
2010年はドラえもん誕生日!

とにかく期待、期待です!
そして、セワシくん1年ぶり。おかえり〜!
たまには21世紀に遊びに来なさい。
そして、パワえもんまさかの再登場! おかえり〜!
首相の息子(出木杉似)も出てくるか?
感動ものなら感動もので、レベルの高い感動ものを期待します。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い
ナイス

トラックバック(2件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2010年8月27日 ドラえもん
「変身、変身、また変身」 ...続きを見る
京大藤子F不二雄同好会のブログ
2010/08/28 19:58
のびみつによるわさドラ感想ブログの前史 大公開
私のびみつは,2010年3月から感想ブログを書いているのですが, それより前もドラえもんにハマっておりました. ブログ書きたいなあと思っていたわけです. ...続きを見る
のび太リアニズム
2015/08/16 22:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
今回ののび太の戦い、のび太の完勝でしたね。

道:● 空き地(1本):● 空き地(全部):○

失礼します。
鳴海みぐJr.
2010/08/28 14:49
こんにちは。今回の二本立ても面白かったですね!
のびみつさんの感想は、私では漠然としか感じれなかったことを見事にまとめられていて、「そうだそうだそうだ!」と感じることばかりです。
「単純な作品ほどスタッフさんの力量が問われる」というのにも本当に同意です。
のび太の服とジャイアンの顔の対比も気になりました!
「しずかに正体をばらして墓穴を掘っている」「氷の中でテレビの電気は?」のあたりはまったく気がついていなかったので、とても興味深かったです。

それでは、次回の感想も楽しみにしております!
春巻き
2010/08/28 17:41
鳴海みぐJr.さん、コメントありがとうございます。
完勝……ですか!? 初めに路上で●、馬になって路上で●、空き地ではうさぎ、ゾウでそれぞれ○でしたから、引き分けだと思うのですが。そもそも、戦いといっても自分からちょっかいだした無意味な戦いなんですけれどね。

春巻きさん、コメントありがとうございます。
ははっ、春巻きさんにお誉めいただき、恐悦至極に存じます!!
単純な作品ほど力量云々という論理は、「単純な料理ほど云々」という論理からもってきたものです。
テレビの電気ですが、あれはインテリアとしてのテレビの役割を果たしているのでは、と思ってきました。テレビがつかなくても「部屋らしくなる」という効果ですね(笑)。
感想を書くときはいつもニタニタしながら書いているので不真面目さがあふれていますが、どうかお許しを。
春巻きさんの神がかっている感想、いつも楽しみにしております!
のびみつ(管理人)
2010/08/28 20:17

コメントする help

ニックネーム
本 文
わさドラ感想第22回 変身,変身,また変身、大氷山の小さな家(2010.8.27) のび太リアニズム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる