のび太リアニズム

アクセスカウンタ

zoom RSS わさドラ感想第28回 子犬イチの国 キボウ編(2010.10.29))【後半視聴できず】

<<   作成日時 : 2010/10/30 00:43   >>

ガッツ(がんばれ!) ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 0

また私のレコーダーが録画を15分38秒で放棄しました。
前回の失敗より21秒も長く録画できています……って、ブッキャヤロ〜!
というわけでよりによって途中までの感想です。しかも激辛。すみません。

○ 子犬イチの国 キボウ編
 【今日ののび太は 旧 黄 】


前回のあらすじが「夢をかなえてドラえもん」に合わせて
ドラえもんのナレーションで進行していました。
時々セリフが入るのがいいです。
全体的にわかりやすかったのですが、ペルム紀の大量絶滅の付近は
少し端折り気味かな、という感じです。
前回のあらすじというものでは、
「宇宙ガンファイターのび太」での関さん(スネ夫役)のナレーションと、
サントラ未収録のBGMでやっていたのが一番印象的です。

イヌ警官の部分、珍しくBGMが不適切に思われました。
サントラ2 DISK1 29番「キー坊のいたずら」。
まあこんなときもあるでしょう。

大統領官邸?に入ってからの緊迫感がなくて残念です。
トイレの場面自体はかわいくて好きなのに、状況的にどうかと。
緊張感もなくイチがいないかどうか確認しているのも問題。

大人的な立場かもしれませんが、
直接ドカドカ大統領室に入っちゃうというのもどうかと。
しかも最初、ネコ長官を無視していますし……。

首輪の場面。ちょっと直球すぎますが、まあいいですね。
ところが、これがあとでけっこう効いてきます。後述。

牢屋で首輪をもってきたといったあとのドラのお祭りとズッコケは
全くもって不要だと思います。
その直後のせっかくのシーンのよさが半減してしまうのでは。

とはいえ、進化退化ビームで忘れちゃったんじゃないの?という疑問とか、
首輪があったから思い出したんだよ、とかいう
ベッタベタすぎる展開だなあという印象はあります。
ドラえもんが泣くとちょっと臭くなってしまいました。

国民を広場に集めるって、直接民主制っぽいですね。
大統領の話が始まりますが、ダックスフンドの反論は
純粋によかったです。
首輪がのび太を思い出す契機となった一方で、
国民にとっては悪い人間を思い出させる契機でもあり、
大統領は国民に反発されます。意外な展開でした。
CM前の場面はけっこう感じるものがあります。

イチ、けっこう熱いですね。
で、子どものイヌが出てきたら画面左上に「END」。
悲しいというか、もう脱力です。
来週おやすみなのね。
ショックが大きすぎて、逆に続きが気になりません。
これはかなり重傷。

私が一つのおはなしを最後まで見ることができたのは、
9月最後の放送となるわけですか……。
なんか、ドラえもんのない生活に慣れると、マヒしてきます。
無気力無感動になります。
当たり前のことを言っておきますが、
私はこれでドラえもんを卒業するつもりはさらさらありません。
金曜日に用事を入れなければいいんですね。はい、わかります。
なんだか申し訳ありませんでした。
(マジでなんとかせねば……保証書保証書……。)

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!) ガッツ(がんばれ!)

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
のびみつによるわさドラ感想ブログの前史 大公開
私のびみつは,2010年3月から感想ブログを書いているのですが, それより前もドラえもんにハマっておりました. ブログ書きたいなあと思っていたわけです. ...続きを見る
のび太リアニズム
2015/08/16 22:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
わさドラ感想第28回 子犬イチの国 キボウ編(2010.10.29))【後半視聴できず】 のび太リアニズム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる