のび太リアニズム

アクセスカウンタ

zoom RSS わさドラ感想第39回 ドラえもんだらけ、鏡の中の世界、のび太の人魚大海戦(2011.2.11)

<<   作成日時 : 2011/02/12 18:28   >>

面白い ブログ気持玉 4 / トラックバック 1 / コメント 3

ドラえもんが増殖して、のび太の町が増殖して、剣が増殖する。
増殖SPですね。(え)

そんな冗談はおいといて、
すごいよすごいよドラえもんSP!
なんてすばらしいSPなんでしょう。
SPだらけ、夢のような2月3月。映画もありますしね。
しかし、それらのSPが終わると、4月下旬まで冬眠ならぬ春眠……
春眠暁を覚えず。春眠新年度を覚えず。
新年度の4月、いろいろ環境が変わって不安なときこそ、
初旬・中旬にこそいつもの放送やってほしいと毎年思っているのですよ。
……
まあとりあえず、今はSPを楽しみましょう!


○ ドラえもんだらけ  (※2011年版)
 【今日ののび太は 旧 黄 】

※のび太の服を表します。

※05年放送との比較をすると思いますが、
  05年放送分については手元にDVDがなく、
  すべて私の記憶に過ぎませんので、ご注意下さい。
  間違い等あれば、指摘して下さればと思います。


あの「やろう、ぶっころしてやる。」とか
「きゃあ、じぶんごろし。」「じぶんどうしのあらそいは、みにくいものだ。」
これらの名言がなんとなんと1コマに入っているという有名作品。
くる……おかしくなったドラの代名詞として、巷でも有名です。
そんな「ドラえもんだらけ」が、リニューアルされて
わさドラで2回目の放送!
再放送ではありません。新たに作り直したのです!
脚本はあのOの木さん!
わさドラでは05年6月10日に放送していますが、
当時の脚本は早川正さんでした。
スタッフが代わって、同じ作品をどう描くかがマニ……ファンとしての
見どころでもありました。
当時と今では声優陣(といってものびドラの2人だけですが)の声が
若干変わっていますので、現在の声で聞いたらどうなるかな、という
楽しみもありました。
そんなこんなでSPの一発目としてふさわしい作品!
……それにしても、同じわさドラ内で同じ作品のリニューアルの
1本目が「ドラえもんだらけ」なんて……スタッフさん、分かっていますね!

・タイトルコールのときのコスプ……着飾り
次の作品でもそうですが、
08年から使われている立て看板形式のタイトルシーン。
昨年のクリスマスSPではサンタ帽子をかぶっていましたが、
今回ははっぴ。こういうお楽しみは歓迎です。

・燦然と輝くドラやき
確かにあんまり輝いていないドラやきにあんなにじゅるじゅるしていたのが
ちょっぴり不自然でもあったのですよ。
しかし今回は、この色、つや!
これでじゅるるっ! が納得です。
そしてこのときのドラの目が! ドラの目が!
05年作は背景がふすまでしたが、こちらは勉強机・窓になっています。

・のび太の感謝
05年作ではのび太の声がかなり高めでした。今とはかなり違います。
しかしなあ。あんなハの字の目で感謝されちゃ、信じるほかないですね。
すごいだましだ。

・廊下での時間の経過
05年作は「のび太のテーマ1」(ドラえもん音楽集)1曲目が
流れていたと思いますが、今回は無音。
のび太が逃げ回ったシーンは、今回は扉を完全には閉めませんでした。
何か意味があるのではと思ったとき、
 ↓
 ↓
・のび太の部屋の惨状
のび太の部屋に入るとき、
05年作ではもうパジャマから普通の服(旧 緑)に着替えていたはず。
すると、自分の部屋に入る前に廊下で着替えたという話になります。
でも、現実問題として考えると、
宿題ができているかを確認する方が早いのでは、と思います。
着替え→確認よりも、確認→着替え
それが自然になるように、ドアを完全に閉めず、
ドアノブを回さなくても押すだけで開けられるような措置を施したのでは、
と推測します。

・「30個入りのミカンの段ボールを4つ買いました。えっ多すぎない?」(ドラ)
うんうんうんうん!!
問題を解くやる気がないときは、絶対その文章の内容にツッコむんですよ。
分かっていますね! すばらしい!

・案のイメージ
05年作はドラが案をしゃべるだけでしたが、
イメージ化されてわかりやすくなっています。
5人のドラがみんないい顔していて……
結末を知っている私たちからすると、そのイメージの平和さが
あまりにも滑稽で滑稽で……。

・「あててみな!」(2時間後)
これに関しては05年作の低い声の方が好みかも。
慣れの問題もあるかもしれませんが、05年の方がいらつき具合が上かも。
4時間後などが来たときのBGMは、
サントラ2 DISK1 No.2 「スネ夫とパラオの写真」か。

・「早く8時間後を連れてこい」+「よ」
「任しとけ」→「任しといて」
ちょっと口調がやんわりなっていますが、その必要はないのでは……。
意識して変えたのであれば、ちょっと残念。迫力が2割引になった感があります。

・「コンチクショー! ギッタンギッタンにしてやるー! ガウウーッ!」(8時間後)
「ぶっころしてやる。」が無理なのは仕方ありませんが、
それでも大満足の気迫! 

・5人の論争
05年作は声の低さでどの時間のドラかすぐに分かるようになっていて、
感動したため、今回はちょっとわかりづらくて残念でした。
しかし、4人のドラがにらんでいるシーンはものすごい迫力!
すばらしいです。ひげが縮れているのもポイント。
ボカボカしているときのドラやきもポイント。

・睡眠時間は3分ほどです
時計を示すことでわかりやすくなっています。
はじめは21時。終わって帰ってきて22時57分くらい。
21時から2時間後のドラえもんは23時ですから、
実質的に睡眠時間は3分くらい。
05年作よりわかりやすくなっている感があります。

・「それは困る!」 ポイッ
05年作は原作をアレンジして、反対側のふすまを開けて
口笛ふいて勝手に落ちたことにし、あとで「……ゴメン」でしたが、
今回は原作通り、ポイッ。
こちらの方がドラが帰ってからきょうk……怒る理由として説得力があります。
そしてそのシーンは相変わらず迫力あります。
05年作もそうですが、ふすまを破ってあの顔で迫ってくるドラを
楽しめてお腹いっぱいです。

・ドラやき5つ→ドラえもん5人
なるほど。こういうのを意識してドラやきの個数を意識したのはナイス!



・福山雅秋
日刊スポーツ2011年2月4日18面を映すという
異例の紹介です。


○ 鏡の中の世界
 【今日ののび太は 新 黄 《略式ボタン》 → 07ver.赤 】

※のび太の服を表します。

一種のパラレルワールドみたいな鏡の中の世界。
あべこべの星とは、鏡ですぐに行けること、
あべこべの人間・動物がいないことが相違点としてあげられます。
その鏡の中の世界で、ドラが企んでいること……それは!?

・カーブミラーに映るしずかちゃん
BGMは、サントラ2 DISK1 No.3「のび太とドラえもん」。

・クラスメイトのなかの一人が
内木くんみたいですね。ドアップ。

・先生の後ろを尾行
追いかけられても先生がいるから先生が気づくのでは?
いつの間にかいなくなっている先生……。

・狡猾なのび太
すばらしいほどの悪がきっぷり。
「エヘヘッ誰がおつかいなんか行くもんか!」と
直前の素直な「行ってくるね」とのギャップがすばらしい。
大原さんの使い分けに拍手。
ドラが慌てているとき、ファンは見逃さなかった!!
ピンク色のジュドの脳!!
そしてヤカンはてっぱん。

・ミラー貝入
なんてすばらしいセンスなのでしょう。これぞのび犬クオリティ。

・ようこそ、鏡の中の世界へ!(しずかちゃんへ)
ちょうどそのとき、福山雅秋の秋色吐息がオープンしました。
「雅秋に会えるまで胸の鼓動あと1回」、みたいな表示から、
雅秋が現れて、「オレもオマエに会いたかったぜ」みたいなことが
吹き出しで出てきました。
このときばかりはドラは離れ、秋色吐息の方に浮気していました。
ドラは録画していますしね。雅秋のページスゲ〜と思っていたら、
テレビの方からものすごいバイオリンの音が……。
うむ、雅秋に真っ先に会えてよかった(笑)。

・雅秋
映画のなかで本人と同じ名前の役をやるなんて。
だって映画のなかでも「雅秋」なんですよ。
しずかちゃん、映画のなかの雅秋にキャーキャー言っているのか、
演じている「スター★」の雅秋にキャーキャー言っているのか分かりません。
目の近くにあるほくろの位置もちゃんと左右反対になっていて、ナイスです。

・あの信号機は時差式
以前、この信号機からちょっと高いところにある広場に
神成さんの盆栽を大会に出品しようとしにのび太が来たり、
のび太を追ってジャイスネたちの自転車族が走り回ったり。
そんな舞台ですね。ここは。たぶん。

・「のび太くんしずかちゃん!」 ポイッ
こら〜〜〜〜〜! 
実験中の菌の入ったシャーレを投げ捨てるな〜〜〜〜!!

厳重に、厳重に扱わなくてはならないのに、
まさか、まさか、ポイッとするなんて!!
理系の人間が見れば、とんでもないことです。
でも、慌てるドラが「のび太くんしずかちゃん」と早口でいうところは
見れば見るほど面白いですね(笑)。

・ドラや菌
あははははは、じつにばからしい!
でも、クセになりますし、
悪性の細菌が伝播する猛威を目に見えるようにしたら
こんなイメージになるかもしれないので、バカにはできませんね。
あの角のお店は「関根ベーカリー」。
それにしても、世界終焉……
「真夏に冬がやってきた」(2009.7.24)を思い出します。
このときにテレビをつけた人、「なに? なに?」と思ったことでしょう。
ちょうどBGMも当時の恐怖のBGMと同じです。

・のび太がドラやきをたべる
のび太の安否よりもドラやきを優先したドラえもんが信じられない行動をしました。
自分から、のび太にドラやきを食べるよう指示したのです。
これが謎。
まあ、のちのちのお話のために仕方ない面もあったかもしれませんが。
あと、この間にもせめてドラやきは成長してほしかったです。
ドラやきの上に乗った瞬間、ぴたりと成長が止まったので。


というわけで、多少不自然なところもありましたが、
満足できた回でした。


・ジャジャジャジャ〜ン
言っていいですか? ばからしい(笑)。
それを、あの福山雅秋……じゃなくて福山雅治さんが歌っているのですよ!
しびれます。しびれます。
ドラスタッフは雅治さんさえ弄ぶのです。おそるべし(笑)。
雅治さん→雅秋さん→ドラやきもぐもぐドラえもん
の絵の変化にも笑いました。
最初の2つはいいとして、最後は全然違うでしょ(笑)。
いかん、こういうのは「ばからしい」といいながら大好きです!


○ のび太の人魚大海戦
 【今日ののび太は 旧 黄 】

※のび太の服を表します。

映画に行ったときの感想はこちら

今回見て、思ったこと。

・あたたかい目は鉄人兵団でも出てくるかも。
 多用はしてほしくありませんが、少しくらいなら。
・サントラ2に出てくる音楽が次々と出てきて(当然ですが)
 そのたびにひゃっほいと思いました。
・やっぱり急展開すぎる? 30周年記念作品というわりには……
 どうも、胸の中に引っかかるようなものがあるような……?
・EDカットは定番。カットするのは、
 主題歌を歌ってくれる人との権利問題があるから?
 なければ、EDの時間をとってほしいですね。
 でも、あったらあったで、EDのときに視聴率が一気に急降下して、
 今年の映画の告知ができなくても困ることは困る……と思っているのでしょう。



・ミニコーナー
加藤浩次さんがピッポを描きました。
……まあ、ピッポーを連呼して手n……タヌキのえかきうたなら
こうなっちゃいますね。
いや、丁寧でもドラを描くのは難しいです。


というわけで、
え、3月18日に結婚前夜くるのか!!
やばいよやばいよ、ていへんだていへんだ!
来週は、……スネ夫受難回になりそう?
とにかく楽しみですぜ!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 4
面白い 面白い 面白い
ナイス

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2011年 2月 11日 ドラえもん感想
N.Sです。 ...続きを見る

2011/02/13 23:39

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ここでゲストキャラとして、「美琴(中2)※」が
※:鎌池和馬さん原作

出演したとき、ピッポに
「お嬢ちゃん今回のキーワード言ってみて。」と言われ

美琴は「私の名前ね。”みこと”」って答えたら、
「君も本当に間抜けなガキだな。」って呆れられました。

美琴はピッポに何すると思いますか?
−−−−−−−−−−−−−−
1・「残念だったわね。ピッポちゃん。
  頭をナデナデしてあげるわ(^_^)」って
  ピッポを持ち上げたとき手から電流を流し、
  ミディアムになったところで大きな皿に乗せて
  レタスとマヨネーズを掛けて
  「そこで反省なさい!」と立ち去る。
  ピッポ:・・・・・・。(○o○)

2・沈黙状態。
3・「プレゼント、ゲコ太グッズじゃないし・・・」って
  立ち去る。
−−−−−−−−−−−−−−−−−
失礼します。
鳴海みぐJr.
2011/02/12 19:39
こんにちは! コメントありがとうございます。

ちょいちょいと調べたら、『とある魔術の禁書目録』というライトノベルですね。私は詳しく存じませんので申し訳ありませんが、Wikiに美琴さんは勝気と書かれていましたので、「1」!

……にしようと思ったのですが、あまりにもボーリングの玉がかわいそうなので、「3」にしてあげます(笑)。それにしても、「1」の選択肢の描写が詳しいこと詳しいこと! 状況を想像してニヤニヤしてしまいましたよ。

でも、ドラに美琴さんが出てくるなんてシュール……と言ったら身も蓋もありませんね(汗)。
のびみつ(管理人)
2011/02/14 00:46
ドラえもん、しずかクズ過ぎ( ̄^ ̄)#
のび太を愛する男性
2016/04/04 23:05

コメントする help

ニックネーム
本 文
わさドラ感想第39回 ドラえもんだらけ、鏡の中の世界、のび太の人魚大海戦(2011.2.11) のび太リアニズム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる