のび太リアニズム

アクセスカウンタ

zoom RSS わさドラ感想第81回 鬼は外ビーンズ,しずかちゃんさようなら(2012.2.3)

<<   作成日時 : 2012/02/19 15:51   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 4

お待たせしました。ドラえもん感想記事更新です。
今回は……しずかちゃんさようならリメイクがきますよ!!

○ 鬼は外ビーンズ
 【今日ののび太は 新 橙 《略式ボタン》 】

※のび太の服を表します。

・スネ夫がのび太に感謝して泣きつく
先週は汚いなあって言ったのはスネ夫です。
今週はのび太です。

・鬼は外ビーンズ登場
微妙にあいているふすまが良いですね。
ドラえもんがビーンズを投げるときがカッコいい描写です!
スピード感があります!
ドラえもんも外に出る……のところでの
ドラちゃんの目のより具合がかわいいですね。
そして,
「お主も悪よのう」「お代官ほどでは……」シーンが
ニヤニヤ。

・ジャイアンの歌ボエボエ
いつもと歌い方が違うことに笑いました。
一瞬イケメン声で歌ったでしょ!
ドラチャンの音符を集めるゲームでのきれジャイみたいに,
「ラーラーラ」みたいな。
2番も歌ったし。チルチルが倒れているし。
破壊っぷりが面白い!

・スネ夫受難の法則
面白い面白い。ドラ→のび→スネの3回目だから,
少し飽きる可能性もあるので,
2回目をテンポ良くできればよかったのでは。

・靴下のまま逃げる
靴が自動的についてくる法則は今回は適用されませんでした。

・服は内
ドラえもんのひみつ道具を投げ捨てていって,
これはジャイアンに危ないのではないでしょうかね。
おそろしい。巨大な道具も出てきていますし。
裸になったジャイアンを笑うのは良いにしても(いいのかよ),
早くしないといつものおまわりさんが来ちゃうよ。


○ しずかちゃんさようなら(2012年版)
 【今日ののび太は 07ver.青】

 ※のび太の服を表します。

・タイトルコール
ドラえもん笑うな。

・「嫌いになったの?」(ドラえもん)
このときのドラえもんの声がすき。

・先生の説教
05年版は「先生は保証する」でしたが,
原作通り「断言する」になりました。
悲しげなBGMがフルバージョンで聴けます。
これは貴重かも。

・しずかちゃんとのつながりを断ち切る
唐草模様の風呂敷が原作通りで,
「いいね!」。

・新鉄人BGM!!
しずかちゃんが追いかけてくるシーン。
「来ないで!」がリルルと似通っていいですね。
そして,ビンタがなくなった点について。
賛否両論あるでしょう。
ビンタがないから張り合いがないという意見。
ビンタでしずかちゃんのつらい思いを発散せず,
すべて自分で受け止めているから
こちらの方が重いという意見。
私個人としては,のび太がつらいという気持ちが
重いビンタつきの方が好きですね。

大原めぐみさんの腕(のど?)が
上達しきっていなかった05年は,
声を枯らしながら「このまま別れて!」と
投げやりに言っていて,逆にリアルでした。
これは上達したことによって,
力強く言えた今回ではできない皮肉かもしれません。

・堪えよう。しずかちゃんの幸せのために…
私が好きな高台のシーン。
原作に近くなりました。
というのも,05年版は
「堪えよう。しずかちゃんの……幸せのために
という口調だったからです。
ビンタの跡を残しながら,メガネが光り
「幸せのために!」のところで,
カメラがズームした記憶があります。
当時の方が,原作とは少し離れていますが,
個人的に好みです。
まぁ,05年版に格段の思い入れがあるから
かもしれません。

・出木杉が登場
出木杉登場シーンが私の最も好きなシーンの一つ。
「堪えよう」ということを宣言したにもかかわらず,
直後に完璧すぎる出木杉が来たことで,
完全な屈服を認めざるをえず,感情が一気に爆発する。
冷静すぎる出木杉との好対照に注目です。
このおはなしの最大の見どころの一つでしょう。
道具に抗うことができる
しずかちゃんののび太への思いだけではないのです。

・自殺(原作)→家出(05年)→自殺示唆(12年)
自殺示唆への改変はナイス。
小学生の自殺が珍しくなくなった昨今。
05年では見送られましたが,
やはりぼかしてでも自殺を思わせる方がよいと
判断したのでしょう。

・虫スカン
05年に引き続き,薬物系は避けられました。
薬物系規制と,
はき出す描写の放送時間帯考慮でしょう。
BGMが新鉄人でナイス。

・のび太目線で見えるしずかちゃん
これはナイス。のび太に感情移入しやすいです。
ただ,直前シーンで「しずかちゃんさようなら」と言っているのは
「?」です。

・お風呂場にて
浴槽にのび太をドボン+シャワー(05年)から
シャワーのみになりました。
これは別に良いのですが,
05年にみられた,
「あなた弱虫よ!なによ先生に叱られたくらいで」
静寂
→ポロリという効果音とともに涙が浮かぶ
→感動系BGM(平和な結末)が流れる

という図式の方が心にしみます。
静寂がなく,説教が続き,
説教と感動系BGM開始がかぶったのは,
私にとっては,少しイマイチでした。
贅沢を言いすぎですがね。
静寂が大事なのですよ。
でも,感動系BGM(平和な結末)を継続してくれたことに
感謝!感謝です!


・生きてる生きてく
生きてる歩いてる! ではないね。

次回は,ジャイアンシチュー。
Fミュージアムメニュー紹介でしょうかね。
引き続き,更新していきます。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
2012/02/03 ドラえもん
「鬼は外ビーンズ」脚本 大野木寛 放送日の2月3日に合わせて節分ネタです。 ...続きを見る
京都大学 藤子不二雄同好会 のブログ
2012/02/23 23:26

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
大原さんはどのあたりから、飛躍的な成長を遂げたのでしょうかね??
のび恐06の収録あたりだと個人的には考えているのですが…恐06の前半はやや声がたかめ、後半は割と今の雰囲気に近い?かなと
こっち
2012/03/02 01:56
こっちさん,コメントありがとうございます。
映画の声の収録は数日間をかけて集中的に行われるようですが,こっちさんの仮説に沿いますと,その集中収録の際に成長したことになりますね。いつもは夕方から夜にかけて2週間分を収録するらしいので,複数日をかけて行うことが,大原さんにとっての刺激になったのかもしれません。
のびみつ(管理人)
2012/03/10 23:57
ドラえもんの出した虫スカン、
あれを飲んで他人とすれ違うと、
↓みたいな目に遭う位に嫌われるアイテムですが、

・因縁をつけられる
・頬をつねられる
・ビンタされる

今回は人よけジャイロ※みたいに
他人をそこから遠ざけるものでしたね。

※:使用中、公園での撮影で女優のあっちゃんが
  アッカンベーしたらなぜか遠ざかった

虫スカンに耐え切ったしずかちゃんもGJです。
失礼します。
鳴海みぐJr.
2012/07/14 12:54
鳴海みぐJr.さん,コメントありがとうございます。
あっちゃんのあっかんべ―は笑いましたね。天井うらのアカンベーダを思い出します。
虫スカンに抗うしずかちゃんは,本当に感動モノですよね。
のびみつ(管理人)
2012/08/04 13:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
わさドラ感想第81回 鬼は外ビーンズ,しずかちゃんさようなら(2012.2.3) のび太リアニズム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる