のび太リアニズム

アクセスカウンタ

zoom RSS 「のびみつ」のパーマンについてのとらえ方と疑問

<<   作成日時 : 2010/03/06 21:03   >>

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 2

 何度も言いますが、私は「パーマン」が好きです。
登場人物の好き具合を不等号で表すと、
1号>>>>>>3号>4号=バードマン>2号
ですね。

 2年前の初夢は、1号が空を飛ぶ夢でした。
よく「一富士二鷹三茄子」と言われますが、
私の場合、めでたいのは
「一パー二ドラ三キテレツ」でしょう。(笑)
 その数日後、今度は自分がパーマンになる夢を見ました。
空を飛びますが、そのときアゴひもに痛みを感じたのです。
で、アゴひもに関して気になったことがありますが、
これについてはまた後で。
↑ なにこの「続きはCMの後!」的なガッカリフレーズは……


 私と「パーマン」とのであいは、
テレビの「ドラえもん」における、平成版パーマンの紹介。 
2002年秋のスペシャルだった覚えがあります。
確かドラミちゃんが解説していました。
 ドラミちゃんが「すわみつおくん」と言ったのを聞き取れなくて、
何度も録画ビデオを再生し直した思い出があります。
 それは別にして、パーマンを知ったときの衝撃!
何の変哲もない小学生がヒーローになっちゃう!
頭がクラクラしました。
いいナァいいナァと思いながら、
なぜ自分は映画館に行かなかったのでしょう。
ドラえもんの映画は、幼稚園くらいの子供ばかりだろう〜とか
考えていたからでしょうか。たぶん恥ずかしかったのでしょうね。
むしろ今は全然恥ずかしくない

 その特番で、BGMとして「きてよパーマン」が流れていました。
これ、とりこになりました。今もとりこです。
この曲については、今度ゆっくり記事を書こうかなと思います。予定は未定

 ところで、「かけまくもかしこき○○」という古語があります。
「口に出して言うのも畏れ多い」という意味で、
たいてい○○には、帝など格別高貴な人物や神仏などが入ります。
 私の場合、○○はパーマン1号!
ちょっと意味がずれる気がしないでもないですが、
口に出して言うのが躊躇われてしまうんです。
 好きなキャラクターは何?とか訊かれると、
「これ、これ。」と答えます。 ←これの方が失礼
たぶん、その特番の衝撃が強すぎたのでしょう。

 いま、私の携帯電話の待ち受け画像は、
Pa-Pa-Pa ザ・ムービー パーマン(2003)の予告映像で、
1号が無表情で真正面を向いている一瞬の場面です。
「かけまくもかしこし」とはいっても、いわゆる御真影ではないだろう…
 1号に限らず、あえて口が描かれていない斬新さに、
非常に大きな意義を感じます。


 「パーマン」の楽しみ方が多様であるのも魅力の一つです。
ヒーロー作品として楽しむ。みつ夫の心の葛藤作品として楽しむ。
コピーロボットとオリジナルの友情・対立の作品として楽しむ。
そして、  みつ夫とスミレの恋の作品として楽しむ。
などなど。
 どれか一つをとっても十分楽しめますが、
複数の視点から「パーマン」に触れると、
より重層的に楽しめるしかけになっていると思います。

 そういえば、スミレがみつ夫に好意を抱いているというのは、
少し気がつきにくいですが、有名な話です。
 平成版パーマンにも十分に反映されているでしょう。
いや、クライマックス(両作品とも)ももちろんですが、
たとえば、03年の予告映像。
 コマ送りすると分かりますが、
パーマンたちが飛び立つ前、3号が1号の左腕?をつかんでいます。
 パーマンスタッフのあたたか〜い目、もとい、配慮です!?

 さあ、話はぶっ飛んで、アゴひもの疑問。

果たしてパーマンマスクのアゴひもは、

★ 一方だけマスクに固定されていて、もう一方をマスクにかける
(例:04映画のオープニング   03映画の、マスク・バッジを投げ捨てるところ)

のか、

★ 両方ともマスクに固定されていて、真ん中でくっつける(?)
(例:03映画の、学校で正体がばれそうになったところ)

のか!?



 
 アゴひもは、原作でもパーチャク状態でのみ描かれている印象※なので、
このように分かれたのではないか、というのが私の仮説です。
 でも、やはり疑問は疑問のままです……。


※ のびみつの原作一部ざっと見+自分勝手なイメージ
 

 

 「パーマン」は日本のヒーロー文化の構成要素ではありますが、
かなり異質だと思います。
 でも、それは排除される異質性ではなく、
ヒーロー文化に一石を投ずる斬新さを含んだ異質性だと確信しています。
 そういう意味で、F先生の他の作品も含め、
「パーマン」の大全集化は大変意義あることです。
 そこまできたら、やはり新作映画・アニメの再開と、
昭和期放送分のDVD化を願わずにはいられません。
パーマンDVD全集を出すことは、
テレ朝チャンネルで放送していること以上に意義あることなのです。
結局、これだけが言いたかった
 
 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
ナイス ナイス
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
こんにちは。
私のパーマン登場人物の好き具合は、
1号>>3号>>2号>4号>バードマン です。

パーマンのDVD化は、絶対にして欲しいですよね!
のびみつさんは、「たのみこむ」に賛同済みでしょうか?
http://www.tanomi.com/metoo/naiyou.html?kid=1501

これからもパーマン☆らぼをよろしくお願いします。
突然、失礼いたしました。
ミルクココア
2010/05/08 08:21
ミルクココアさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。
すみません、今賛同してきました。ミルクココアさんの予想だと2012年ですか……長いですね。とても待ちきれません。
1号のかっこよさは尋常ではありません(笑)。私の目標は、1号みたいな優しさと勇敢さを兼ね備えた人間になることです(笑)。
もちろん、今後も喜んで応援させていただきます。ありがとうございました。
のびみつ(管理人)
2010/05/08 17:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
「のびみつ」のパーマンについてのとらえ方と疑問 のび太リアニズム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる