のび太リアニズム

アクセスカウンタ

zoom RSS 一般人のF話題・F発言

<<   作成日時 : 2010/08/11 21:06   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 4

ファンとファンとのやりとりもいいものですが、
ともするとファンの世界で自己完結してしまう恐れが生じます。
一般人によるF話題は貴重な「一般的な意見」が得られるチャンスです。
ショッキングなこともあり、嬉しいこともあり。
今回はそんなF話題・F発言を取り上げます。

※ファンとは、私のような「自称」を含みます



☆いろいろな先生の発言(のびみつに対して)

「出木杉に欠点があるとすれば、なんだろう」

私はここの記事で書きましたが、現段階においては
出木杉を観念としての理想と位置づけていますので、
欠点はないという設定、あるいはあったとしても挙げるのはタブーではないか、
との立場です。
当時は狼狽してしまいました。

「ふつうの『ドラえもん』は他力本願で嫌いだが、
映画『ドラえもん』はかっこよくて好きで、必ず観に行く」


ドラ批判の典型的なものとしていわゆる他力本願が有名ですが、
それは一面的な見方によるものに過ぎないと思っています。
他力本願という批判に対する反論はF先生もされていますね。
それでも土地になじむ、なじまないはあるみたいで、
現にアメリカでは浸透していません。
まぁ、仕方ないでしょう。

「パーマンに限らず藤子・F・不二雄作品は落語的なおもしろさがある。
自分は少年サンデーでパーマンを愛読していたが、4号が特に大好きだった。
どこか謎めいているのに惹かれた。
当時は大山法善ではなく大山金太郎だったが、
今思い返せば、大阪、寺、金、謎めいている、ということから
在日コリアンが連想され、
戦後日本の暗部をどことなく感じさせるものだったのでは
ないだろうか、と思う」


パーやん自身は難波の商人(?)ですが、
なるほどそうとらえる方もいらっしゃるのだなぁと思いました。
F先生が意識的にそうされたかどうかは分かりませんが、
金太郎から法善への変更に込められた深い意味はあるのでしょうか。
金もうけ=金という意味のみならず、
キム→金という意味もあるのでしょうか。
いつかパーマン界の権威の方にきいてみたいものです。


☆いろいろな先生の発言(授業にて)

「日本のアニメといえば、ドラえもん、ポケットモンスター、
あと、え〜と、え〜と……まあいいや」


筆頭がドラでありがたいです。
ドラとポケモンを即座に挙げて、あと悩んでおられるのがポイント。

「日本で初めて発掘された首長竜はフタバスズキリュウです。
これがドラえもんの「のび太の恐竜」という話に出てきておりまして、
映画化されています」


授業の真っ最中。雑談ではなくサラリとドラが出てくるあたり、すごいです。

「parallelという単語は、平行っていう意味ね。
皆さんよくご存知、ドラえもんにも
パラレルワールドとして魔界の世界とかが出てきた、あのパラレル。
もう忘れないよね」


英語の授業です。実際これが一番覚えやすい覚え方な気がします。
あまり関係ありませんが、新魔界の偽「おしまい」はおぉ〜!と思いました。


☆サークル内での話題

「子供の頃、映画ドラえもんのねじまきなんとかが妙に強い印象がある」
「そうそう、ブタがいたよねぇ。ドラえもんズとかおもしろかったなぁ」
「あの頃は良かったですよね」
「今、ドラえもんズとかやってるん?」

「いやぁ、やっていませんね」(のびみつ)
「声が変わる前まではずっと見てたけれど、
声が変わってからはぱったり見なくなったなぁ」

「今もおもしろそうだけれど、何かが違うんだよなぁ。
個人的にはやっぱり大山さんかなぁ」

(のびみつ、意見を尊重しつつわさドラのよさを説得)

残念ながら、他の集まりでも圧倒的な意見が青色部分です。
わさドラの、友だちとしてのドラえもんの役割も理解してくれたことは幸いです。

「キテレツって頭切れるよねえ。頭いいんだけれど、
自分にとってはキテレツはキ○ガイっていう印象があるんだよね」


なるほど、そういう見方も(笑)。
私はキテレツ、けっこう尊敬していますよ。

◎認知度調査 
「パーマンって知っていますか」(のびみつ)
「知ってるよ。パーマンパーマンパーマン♪」
「ああ、知ってる。え〜と、女の子が2号で、サルが3号だったっけ。」

(のびみつが訂正)
「知ってる知ってる! えっ、ドラえもんと同じ作者だったの!」
「あ〜知っていますよ。ちょっと前に映画化されたっけ?」


名前だけでも、ある程度の認知度があることは一安心です。
映画もアニメもやっていない現在は、
名前すら風化される恐れがあるからです。
それでも、ドラえもんの作者の代表作としてドラえもんに並ぶもの、
という感覚にすぎないのでしょうね。
平成パーマンのおかげで現在の中学生くらいにも
ある程度認知度がありそうですが、
問題は現在の小学生以下の認知度です。
親が買った大全集やローソンDVDを子どもがみる、という手段や
ローソンのファイルでドラがなくてパーキテ魔美21 すみません勝手な造語ですを知る、
という手段くらいしか、知りようがないでしょうからね。


「キテレツ大百科って知っていますか」(のびみつ)
「昔っ! 古っ! 今その話題を出すんだ。ブタゴリラとかトンガリとか」
「ブタゴリラ? 何それ?」
「えぇ、知らないの、ジャイアンみたいなやつ」

「あ〜知ってる。コロ助めちゃかわいい。というか、ドラえもんに似てない?」

(のびみつ、ドラえもんと同じ作者であることを説明する)
「へぇ、あ、やっぱなんか似てる」
「キテレツ知ってる知ってる。はじめてのチュウ〜♪」


キテレツは私自身、アニメで観た記憶がぼんやりとしかありません。
かなり幼い頃に終わってしまいましたので。
しかし、私は家族で観ており、上のきょうだいが好きだったようです。
私が覚えているのは、キテレツたちが並んで立っているワンシーンだけです。
そのとき、私は
「うわぁ、ドラえもんとそっくりじゃないの、こりゃパクリだぁ。
ドラえもんをつくったひとにしかられちゃうんじゃないの?
こんなのほうそうしていいの?
でもなんでこのにせのびたあたまいいの?」
と思いました。
私のキテレツの思い出はこれきりです。
まぁ、私の記憶は5,6歳頃までほとんどありませんでした。
同年代の他の子ならもう少し覚えているかもしれません。


というわけで、
直球世代のファンからしてみれば、
あまりにもショッキング?な内容を含む記事でした。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 3
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
なるほど・・・と思わずのめり込んで拝読いたしました!しかし昨今CSなどの放送網の発達で新旧海外問わず我が家にはアニメが溢れておりますので次世代ギャップはあまり無いのですがそんなのウチだけでしょうかね?やっぱり・・・^^;
バサオ
2010/09/20 07:53
バサオさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
興味深くお読みいただいて、嬉しい限りです。アニメ等が「今」をトキめくということは、新作が地上放送で放送されることだと思っています。さらに、多くの人々がそれについて放送ごとに反応するという要素が必要になるのでしょうね……。そういう意味で、「パーマン」には、過去放送のDVD化と同時に、新声優陣でも構わないので第3期の放送も望んでいます。
のびみつ(管理人)
2010/09/21 19:55
過去の記事へのコメント大変ご迷惑をおかけします。
いや〜、ドラえもんなどを見ていると、ついのびみつさんの記事を見たくなってしまうんですよね!

前にもコメントしましたが、私たちの世代にも水田ドラ派はほとんどいません。ただ、情報処理の先生が水田ドラにも普通に接していたのでビックリでした。
声優交代が小5のころでしたから、ちょうど普通に行けば(??…)ドラえもん卒業の時期でしたから、無理して水田ドラを見ようとする人も少なかったのかもしれませんね。

それと、パーマンのクリアファイルをもっていて先生に、懐かしいなぁ…よく持ってるなぁ…と言われました。やはり先生たちの世代のキャラクターなのでしょうか…
こっち
2012/01/05 00:26
こっちさん,本当にどうもありがとうございます! こっちさんからコメントをいただくたびに大変喜んでいます!!

こっちさんの世代は,わさドラに抵抗感がある最後の世代ですね。
「パーマン」は60年代と80年代にアニメ化されました。マンガもありました。今も人気ですが,当時は新作が次々と出た現在進行形の作品であり,社会現象になるくらいの爆発的人気でした。なので,その先生も懐かしく感じられたと思いますよ。あくまで私見ですが。

過去記事へのコメントは大歓迎です! じゃんじゃんどうぞ♪
のびみつ(管理人)
2012/01/08 16:44

コメントする help

ニックネーム
本 文
一般人のF話題・F発言 のび太リアニズム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる