のび太リアニズム

アクセスカウンタ

zoom RSS わさドラ感想第16回 海坊主がつれた!、家がロボットになった(2010.7.9)

<<   作成日時 : 2010/07/09 23:25   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 3 / コメント 3

無機質な家とのしっとりなストーリー。
人対人もいいですが、今回はドラえもんならではのちょっぴり感動のストーリー。
『ドラえもん』の真骨頂ともいえるのでは?

○ 海坊主がつれた!
  【今日ののび太は 07ver. 緑 】

※のび太の服を表します。

磯崎さんに大物の魚拓を自慢されてイライラするパパ。
ドラの道具でそれ以上の魚拓をつくるが、釣りの勝負をしかけられて……!?

今回はパパメインのおはなし。のびドラは完全脇役です。
「雨男はつらいよ」はゴルフの勝負でした。今回は釣りですね。

自慢されてイライラするのはのび太だけではありません。
大人の社会でも、磯崎さんみたいなイヤミな人はいます。
『ドラえもん』は、
子ども社会だけを描くのではないのです。
良心の呵責に苦しみながらも、磯崎さんを
グウッと言わせるためにドラの力を借りるパパ。
確かゴルフではドラの力を断ったと思いますが……。
それだけ磯崎さんにイライラしていたのでしょう。

ところで、
どうして魚を手で捕まえようとするのでしょう。
手ばりで持ってきて、それをつりざおにつければ
もう少し楽になるかなと思ったのですが。


・「バカ言え! そんなものポケットに入れとかないよ…。」
46センチを超える大きな魚をポケットに持っているか、
と尋ねられたときのドラの返答。
魚が泳ぐための水槽とかの問題は別にすると、
別に持っていてもおかしくないはずですが…?

・みせかけつり針
かかった魚を分子レベルでふくらませ、
何倍もの大きさに見せかけるつり針。(カタログより)
針がとれたら元に戻ります。
自慢用のつり針でしょうか(笑)。
魚拓にするなら、「瞬間魚拓用紙」が欠かせません。
通販ではおそらくセットで宣伝していると思われます。
しかも、個人的に楽しむにはこの道具は不適切で、
アイツより大きな魚拓作ってぎゃふんと言わせたい
というような人限定。
果たして需要あるのでしょうか(笑)。
道具の説明後、「へえー。」(のび)
のび太、あんた、知ったかぶりしましたね。
実験で、都合よく用意されている金魚の水槽に爆笑。
あと、金魚の目が少女漫画的になっています(笑)。


・ママに「魚」を借りたのび太
さすがに「ハイ」とだけ言わせるために
三石さんをアフレコには呼びませんでした。
のびドラは大きな魚拓を作るため、ママに魚をねだりますが、
めざしと鮭の切り身……。
うん、魚には間違いありませんが、何というもどかしさ。


・白浜渡船
磯崎さんは千葉県南房総で黒鯛を釣り、魚拓にしました。
「白浜渡船」を利用しました。(はんこつき)
実在します。クロダイもイシダイも釣れます。
魚拓もとれます。そしてホームページの「ご案内」には
「白浜渡船の魚拓は、直接法によるもので、
綺麗に仕上げる直接法の魚拓は、全国的にも有名です。
是非魚拓をとって自慢してください。」
とあります。
まさに磯崎さんがこれを実践していますね!
ところで、『ドラえもん』には魚拓がよく出てきますね。
F先生って魚拓が好きだったのでしょうかね。


・釣りの勝負へ
ここも千葉県なのでしょうか?
それにしても、ドラの道具で調子に乗るパパ。
その性格は息子がしっかり受け継いでおります。

・「まるで釣れる気配が…ありませんねー!笑」(磯崎)
うわぁ、ほんとにイヤミな方ですね。
心配していると見せかけて、馬鹿にしています。

・なにがあったの?
のび太が赤い魚を見つけて、捕まえようとするシーン。
捕まえそびれて、気絶していますが、
何があったのか、繰り返し観てもよくわかりませんでした。
黄色いものに顔が当たって、痛かったから?????

・下駄
吹きました。確かにめったにお目にかかれない大物。
しかし、パパや磯崎さんは疑問に思わないのでしょうかね。
のび太なら、
「こんなに大きい下駄があるということは…巨人がいるんだ〜!」
と言って逃げ出しそう。

・ヒラメの大物
パパ、反応鈍っ!
絶叫するパパの口がちゃんと「いそざき」になっています。

・海坊主ドラえもん
タコちゃんが墨。
「なんかヌルッとした 気持ち悪い」(のび)とか
目の前が真っ黒になって大騒ぎして、
のびドラの目の他にニコニコの目をしたタコちゃんが横切るところとか、
そうして釣られていくドラとか。
もう、面白すぎでした。
大きくなったドラが釣られて、
磯崎さんばかりかパパにまでドラと気づかれず、海坊主に思われます。
「はい?」の声がよろしい。
そして頭の上にタコちゃんをのせたのび太。
タコポン(2004)を髣髴とさせたパーマンファンは少なくないはず。
タコちゃんの目にも注目。


というわけで、
荒々しい岩場の描写や
海の中から見た海面のキラキラした様子の描写も逸品の作品でした。
とにかく、背景さんの力量がただものではないことを
改めて実感させられた作品でした。


○ 家がロボットになった
 【今日ののび太は 新 橙 《正式ボタン》 】


ジャイアン宅の掃除を強制されたのび太。
ならばジャイアン宅にやらせましょうということで、ハウスロボットが登場。
土足で上がった押し売りを追い出したり留守番もしっかりするロボット。
しかし、ジャイアンが帰ってきて家に誹謗中傷したため、
ジャイアンは家から追い出された!
ジャイアンと家との和解はどうなる!?

「心よびだし機」を使わず、剛田宅の心?を表現するのはテレビの画面です。
ロボットに心があるのかどうかは別として、
カタカナと簡単な顔文字の表示が主たる家の心の表現です。
(もちろんほかにもありますが)
感情の表現方法が無機質ながら、クライマックスにはうるうるしました。
無機質だからこそ、よけいにうるうるしたのかもしれません。
これが心よびだし機でよびだした心ならば、
少しわざとらしいというか大げさな感じがしたと思います。
とにかくすばらしい作品。


・夏休みという設定
子どもたちにも10日ほど早い設定です。来週の放送でも早いですよ。
のびみつに至っては、1ヶ月早いです。そうそう、ちょ〜うど1ヶ月。
1ヶ月後の明日から夏休み。
商店街の旅行でジャイアンが一人。きっと女性限定の旅行です。
ジャイパパ?  自分の中では単身赴任設定……。


・珍百景 のび太がドラえもん(129.3kg)を肩車する光景
ドラが指示すれば逆でもよかったのでは、という論理ではないと思います。
机の高さ+(のび太の身長140cm−首から上の高さ)
+(ドラの座高100cm+手を伸ばして頭を超えた分の長さ)
がよいのであって、
机の高さ+(ドラの身長129.3cm−首から上の高さ)
+(のび太の座高+手を伸ばして頭を超えた分の長さ)
ではとどかなったのでは。
のび太が上だと、のび太の脚の長さが無駄になるわけです。
その無駄になる脚の長さは、ドラの29.3cmよりはるかに長い
と思われるからです。 くだらないことに熱くなりました


・「オレ、コノイエ。ロボットニナッタ。−−」
                      □

(表示によってはうまく表示されない場合があります)
いいですねぇ。こういうの大好きです。
なんだか1980〜90年代のゲームのような雰囲気がします。
表示されるときの効果音がそれぞれ高低があり、
視聴者を飽きさせません。

・「××県■■地域に大雨、洪水注意報
  ××県■■地域の雷注意報は継続」

注意報レベルでテロップが出てしまいました。

・「勉強もはかどるなぁ。 飽きた。」(のび)
一瞬で飽きるのび太がのび太らしい。
その声のテンションの落差もすばらしい。

・「ボロット」発言
テレビ画面の顔が一気に「驚愕」の顔になって、吹きました。
それで家を追い出され、のびしずスネに断られます。
ジャイアンを通りすがりに笑った女の子は、
カチューシャをつけてスミレちゃん似?

・徐々に仲直りへ
ジャイアンは悪口を言いつつ、家を補修します。
この言動にジャイアンの家に対する思いが垣間見えたような気がしました。
ガラス戸の枠で目と口を表しているのは見事です。
そして ゲリラ豪雨 夕立。
庭の屋根のないところに寝ていたジャイアンは、ガラス戸に守られます。
代わりに居間のガラス戸近くのところがずぶぬれになり、
ジャイアンがその水をぞうきんで吸い取ります。
吸い取りながら「これ以上ボロくなってどうすんだよ」。
家がテレビ画面に 「マタ、ホウリダスゾ」。
そして カメラ テレビ に向かって ごめんなさい 謝罪。
家も謝り、
「オカエリナサイ  ココロノトモ。」

もう一度書きますが、
声として言っているのではなく、画面に表示されていくのみ。
ピピピという効果音で文字が打ち込まれていきます。
「ココロノトモ」で一気にうるうるしました。
そして、最後の簡素な顔文字と長い「ピー」という効果音で
さらにさらに心を打たれてしまいました。
そして夕立もあがって、虹。

この一連の流れが非常にすばらしかったです。
BGMは、
ドラえもん音楽集 感動!テーマ1 1曲目(M-11)の冒頭
+未収録 感動系13(平和な結末) 
でした。
未収録分、CD化希望。
ジャイアンがあえて涙を浮かべなかったのは評価。

また、ジャイアンを心配するのび太も脇役として輝いていましたね。
1回目と2回目(特に2回目)にあまり心配していなかったドラも、
のび太の疑問に心をこめて返してくれました。
同じ「そうだといいね」でもまったく違います。
ジャイアンの情勢がドラの反応と関連しているのにも注目すべき点でした。

というわけで、
この作品は家と住人の関係にクローズアップした、
住宅メーカーの職員さんが特に涙涙した作品でした。
彼らは、来週からいっそうお仕事を頑張るでしょう。
いや、この土日の住宅相談会から燃えるに燃えるでしょう。 ちょっと違う気が…


・ミニコーナー
来年の映画は
「新・のび太と鉄人兵団 はばたけ天使たち」
と相成りました!
タイトル発表のときのBGMは、
砲撃破壊部隊結成のときの勇ましい音楽。ほしい。 ヘコー

ロボット、タイタニックロボに似ていますね。
タイトルのデザインがなんかSFっぽいです。
私はこの作品についてよく知らないもので……。
史上最高の名作とうわさされていることもあり、
わからないながらも非常に楽しみです。


・ドラえもん音頭
OPがないな〜と思っていたら、そうそう、この季節がやってきました。
そうすると、「シャララララ」からはしばらくお別れですね。
若干寂しいです。



次回は、
ドラジャイという珍しい組み合わせ。
スネ吉兄さんも顔を出してくれます。
うれしい2本立てです。期待せずにはいられません。

※先週の太巻きをつくってくれた方の肩書き、
ドラホームページで正しくなりました。
ご本人、あるいは大学から指摘があったのでしょうね。
おそらくのびみつのブログではなかろう
ところで、来週からもえかきうたやってくれるのか、そこにも注目ですね。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス

トラックバック(3件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
3月3日とかけまして
 7月9日の『ドラえもん』(通算218回くらい)は、「海坊主がつれた!」・「家がロボットになった」が放送された(リアルタイム視聴)。 ...続きを見る
銀河後悔日誌、ともかく
2010/07/10 02:04
2010年7月9日 ドラえもん
「海坊主がつれた!」 ...続きを見る
京大藤子F不二雄同好会のブログ
2010/07/10 16:10
のびみつによるわさドラ感想ブログの前史 大公開
私のびみつは,2010年3月から感想ブログを書いているのですが, それより前もドラえもんにハマっておりました. ブログ書きたいなあと思っていたわけです. ...続きを見る
のび太リアニズム
2015/08/16 22:28

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(3件)

内 容 ニックネーム/日時
ジャイアンが家にケチをつけたから家を追い出され、
自分の知り合いたちの家に避難しようと思いましたが、
全員却下したわけで、のび太は一回、
ジャイアンが自分の店で親子喧嘩の末、避難された上、
こんな目に遭ったから断るワケになりましたね。

・お気に入りの携帯ゲームをつぶされた。
・玉子にのび太たちにおやつを届けますと言ってくれたが
 2/3を横領された。
 ジャイアン:これで公平だ。
 ドラえもん達:(違うじゃないか・・・。)

スネ夫も同じ目に遭うことを危惧していましたね。
失礼します。
鳴海みぐJr.
2010/07/10 15:03
ジャイアンの家の表情の要素が追加されたことで物語が深くなりましたね。ジャイアンにけなされた時の表情で爆笑しました笑

ところで、このブログのタイトルから(仮)が消えましたよね!?
イセルーマ
2010/07/10 16:15
鳴海みぐJr.さん、こんにちは。コメントありがとうございます。
ジャイアンデリバリー、手数料はデリバリーするおやつの3分の2、ですね(笑)。逆にジャイアンが何事もなく帰っていったら逆に不気味かもしれません(笑)。

イセルーマさん、こんにちは。コメントありがとうございます。
テレビ画面というのが非常に斬新だと思いました。驚愕の表情ですね。私も爆笑しました。その後、「ココロノトモ」の後の単純なニッコリは涙腺的にやられました。
はい、(仮)が消えました。(仮)はカッコ悪いなあと思ったからと、良いブログ名が思いつかなかったからです。このブログ名はブログを始めるときの初期設定なので、改名したい気持ちは現在もありますが、「のびみつのブログ」で検索してきていただける方もいらっしゃいますので、複雑な思いです。
のびみつ(管理人)
2010/07/10 20:26

コメントする help

ニックネーム
本 文
わさドラ感想第16回 海坊主がつれた!、家がロボットになった(2010.7.9) のび太リアニズム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる