のび太リアニズム

アクセスカウンタ

zoom RSS わさドラ感想第126回 ひるねは天国で,どくさいスイッチ(2013.5.3)

<<   作成日時 : 2013/05/03 21:22   >>

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 4

運命の「どくさいスイッチ」リメイク。
こういうスタイルもあるのではないか,と提起した挑戦リメイクでした。


○ ひるねは天国で
 【今日ののび太は 07ver.赤】

※のび太の服を表します。

・うるさい日本
騒音だらけののび太の町。いつもは閑静な住宅街なんでしょうが。
廃品回収車の放送に笑いました。3月末,近所でたくさん走っていましたもの。
「テレビ,パソコン,バイク,タイヤ,バッテリー,鉄,家具,家電製品など
なんでも回収いたします。
わからないことがありましたら,お気軽にご相談ください」
うわw 覚えちゃってたw

・ハグしちゃおOP
雲の上で遊ぶシーン。ほのぼのしています。
挿入歌が複数あるのも平和を感じます。
本当の天国をつくったとき,ハグしちゃおのOPの思い出しました。
そのままではないか……! あの頃が懐かしい。
しずかちゃん,去年の劇の衣装を用意したそうですが,
去年じゃなくてもさ,先週のがあるでしょう。天女のはごろも。
そう! 先週の放送は今週の伏線なのでしょうか?

・動かない雲への不信
近所の人たちのカンがするどいですね。
ジャイスネがのせてくれないことをのびママに抗議。
「自分さえよければという考えはいけないと思います」(ジャイ)
直後,自分たちだけのものにしようという矛盾(笑)。
近所の人たち,どこでもドアで平然と抗議に来るのもシュールです。
説明不要のシュールさ。


○ どくさいスイッチ(2013)
 【今日ののび太は  旧 黄→07ver.赤】

※のび太の服を表します。

待ってました! 期待と不安の「どくさいスイッチ」わさドラ内リメイク!
2005年4月の放送があまりにも衝撃的だったので,
その比較を中心に構成したいと思います。

◆ちょっと気になったところ
・尺が短い?
2005年版は中編でした。今回はAパートが若干短いとはいえ,
やはりやや急ぎ気味な感じが否めませんでした。

・ネタ路線に走る
ジャイ子のお兄ちゃんのくだり,ジャイアンのものまねなど,
笑わせる要素が複数入っています。
コミカルに動くシーンもあり,深刻さが減っています。
まぁ,2005年版でもぐるぐるの円を描いて
走り回るコミカルな描写がありましたがね。

・深刻さ・恐怖感・絶望感が「減」
2005年版では,声優陣の不慣れさが逆にサバサバ感や乾いた感じ,
つまり人間性に欠けるようなイメージを生み出し,絶妙だったように思います。
また,キャラクターの背景にも効果を出し,恐怖をあおっていました。
邪魔者は消してしまえというドラえもんの黒い部分が感じられなかったために,
いざ消し始めても2005年版のような恐怖感は獲得できなかったのでは。

・全員を消すきっかけの変更
2005年版では,ある種の妄想にとらわれて全員消していました。
しかし,今回は昼寝(いびき)の描写があり,明らかに「夢」の設定になりました。
実際の独裁者に近いのは,夢ではなくある種の妄想だと思うので,
この変更点も残念でした。

・しずかちゃんのやさしさ描写カット
誰もいないはずのクラスメートがいなくて焦るのび太。
2005年版は「きっと疲れているのよ」とバスソルトを渡しました。
それが全員消してしまった後の,暗闇&懐中電灯1つの入浴での使用,
そして思わずこぼれ出る涙……につながり,
やさしい友さえ失った絶望感をかき立てていました。
しかし,今回はしずかちゃんの気遣いの描写がなく,
さらにはジャイ子ちゃんの「お兄ちゃん」についてのび太を咎めるという,
180度も大転換してしまいました。
うーん……。

・「隠れててごめんよ」カット
わさびさん自身強く思い入れのあるこのひと言(ドラことばより)。
これがなくなったのも残念です。



◆よかった点

まぁ,悪いところばかり挙げても仕方ないですからね。
よかった点を挙げます。

・一貫した「野球」テーマを掘り下げる
とくに最後。きっかけとなった野球のテーマを掘り下げて,
みんなで野球をする,できるということに注目しています。
壁投げは1人でできる。キャッチボールは2人でできる。
でも,野球はそれ以上人数が必要です。
軋轢や衝突も出てくるかもしれないけれど,
攻め,守り,応援,とみんなで楽しめるということを描いた点において,
原作や2005年版をのりこえています。
しかも,のび太の成功(キャッチ)を追加で描いたことも好印象です。

時間は前後しますが,ひとりのときに壁投げで○にあたったとき,
喜んでくれる人がほかに誰もいないというのを表すシーン,
バカにする(してくれる?)人さえもいないというシーンが,
絶望感を演出しています。
のび太の手の内にある,
他の人と人の間を行き来するはずの野球ボールが
今回のリメイクを象徴的に表しているように見えます。
こみあげてくる嗚咽が何ともいえません。

成功して周りが喜んでくれるということの有無が,
みんなのいないとき,いるときの対比で伏線として描かれているのも
今回の大きなポイントでしょう。

◆その他ツッコミ
・地デジなのに「砂嵐」
砂嵐が「テレビやっていない」ということを一番よく表しますからね。
・電話しようにも誰もいない
そもそも,停電です。



残念だったところも多かったのですが,
こういう「どくさいスイッチ」もアリ! と思わせてくれたリメイクでした。
こうあらねばならないと思うと,楽しめないですし……。



次回は,ママが増殖。カオス回になりそうです。
ドラえもんだらけ,のび太だらけ,ジャイアンだらけ……
いろいろありましたが,今度はママだらけですか!
楽しみですね!

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 2
面白い 面白い

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
わさドラ感想第234回 宇宙探検すごろく,最強!オールマイティーパス(2016.4.1)
史上初,新年度が始まって一番早いドラえもん放送の記録です. ...続きを見る
のび太リアニズム
2016/04/03 23:18

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
今回、地上からの侵入者へのカウンターも結構でしたね。

1.ボールを投げ込む→人数の利子つきでお返しする。
  のび太:1球で2人に当てるなんて・・・・。

2.ワイヤー付きミサイルで潜入する→
  ワイヤーをちゃっかり切り落とす。
  のび太:残念でしたー!

失礼します。
鳴海みぐJr.
2013/05/04 00:34
ジャイスネの(偽)告げ口を聞いて、巨大化して怒るママの描写がイイ!
やっぱりあのシーン最高です!
日本テレビニュース紀行の方も毎回たのしみにしているのでまたよろしくお願いします!
失礼します。
たなか
2013/05/06 13:04
↑に重ねるように、このアニメで
大山エディションでは
玉子が冷蔵庫の中身が盗まれたと気付くシーンが
あったり、拡声器で「今すぐ降りてらっしゃい!」って
叱るシーンがありました。
鳴海みぐJr.
2013/05/06 17:53
鳴海みぐJr.さん,コメントありがとうございマスタード。
拡声器のシーンなんてあったんですか(笑)。ふつうの家には拡声器なんてありませんね(笑)。


たなかさん,初めまして。コメントありがとうございマスタード。
巨大化がアニメマンガっぽくていいですよね! そして,ニュース紀行へのご期待もありがとうございます。近いうちにまた新たな素材が集まるので,更新はきまぐれですが気を長くしてお楽しみに☆
のびみつ(管理人)
2013/05/12 23:00

コメントする help

ニックネーム
本 文
わさドラ感想第126回 ひるねは天国で,どくさいスイッチ(2013.5.3) のび太リアニズム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる