のび太リアニズム

アクセスカウンタ

zoom RSS わさドラ感想第285回 暴走ランナーパパ,カルガモエッグ(2017.6.16)

<<   作成日時 : 2017/07/08 21:50   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

安定のパパ受難回はいいとして,
やたらタマゴが好きなドラえもんスタッフ.
半年ぶりの鳥類のタマゴに関するおはなしです.(?)

○ 暴走ランナーパパ
 【今日ののび太は 新 黄《正式ボタン》】

※のび太の服を表します.

タイトルからして,パパ受難回確定ですね!
ムリヤリトレパンという名前が,もう…… 強制系のひみつ道具ですね.
用途が走るだけという.
それなら「強〜いイシ」を使えばいいと思いますし,
現にのび太がそれで走ってます.
でも,強〜いイシが暴力で(殴って)走らせるのに対して,
ムリヤリトレパンは,まわりの環境が変わって走らずにいられなくなる,というタイプです.
さあ,あなたは
・いろいろな用途の目標に使えるが,殴られる系の強いイシ
・走る用途にしか使えないが,殴られない(けど恐怖を感じる)ムリヤリトレパン

の,どっちを使う?!

とにかく,走り出したパパ.
パパ受難といえば,「アドベン茶」を思い出しますね.

トレパンということで,脚の長さ問題でドラえもんをちゃかすのび太.
フリーサイズだと言って履いてみせたドラえもん.
おいやめろ,ドラえもんが履くと,いつもはハダカだと言ってるようなものじゃないか.
あと,どうみてもぴったりじゃないんですけど.
坂をすごいスピードで落ちていく乳母車.
間一髪でドラえもんがとめますが,中には荷物……
こんなのってありかよ(笑) しかも恩を仇で返されます.
ネズミのぬいぐるみってあるのかよ〜

そして,パパとドラえもんが一緒に走ります.
芸能人がいたり,マラソン大会が行われていたり,強盗がいたり
すごくテンポがいいですね.見ていて爽快です.
でも,強盗に脱がされて(やや語弊ありますね),ドラえもんは一件落着.
パパも脱ぐことに成功しますが,トレパンを脱ぐということは……ですね.
風邪をどうしてもひけないパン一おじさんほどのメンタルはないようです.
(あっちゃ困る)
とにかく,テンポがよかったいいおはなしでした.
パパドラという珍しい組み合わせの会話にも注目.


・のび太の宝島
来年映画は のび太の宝島…
ってちょっと待って! そんな簡単に軽い感じで言われても!
例年は,
Bパート終わってから,スペシャル枠を設けて,
「来年の映画は……」ってためるでしょ!
それが,数秒の番宣枠で告知するなんて!!
もっとドラムロール的時間がほしいです!
いや,わかる.もうネットで数日前に発表されてるとか,事情はわかるんですよ…
でも,形式美っていうものですかね,ぜひよろしくお願いしますよ,来年は…


○ カルガモエッグ
 【今日ののび太は 07ver.緑→07ver.青】


カルガモエッグ… どうみても「すりこみたまご」ですね.
刷り込み原理を使った,2つめのひみつ道具です.
なお,鳥類のタマゴに関する生物学的な原理を使った道具には,
ほかに「カッコータマゴ」(托卵)があります.
というかたった半年前じゃないか,
どうした,鳥類が大好きなスタッフさんがいるのか?!

勉強になる科学タイム.
「動いて声をだすもの」という説明.
たしか,以前の「すりこみたまご」(タマゴのなかのしずかちゃん)では,
単に「動くもの」の説明だけだった気がしますが,
より正確なものに修正されたようですね?

カルガモエッグで忘れ物をしないようにたくらむのび太.
たしかに,手ぶらで学校に行けますが….見栄えが悪いですね笑
というか,学校行く途中に,あんな坂のぼるか?!?!
ちょっと設定がぶれてる気がしますが,大丈夫??

しずかちゃんと楽しく遊ぶシーンは,平和に終了.
あの凶暴な犬は,なぜあんなに筆箱に執着するのか……
その後,ジャイアン・ジャイママ・先生がカルガモエッグに入るという急展開!!
これは想像できなかったわーー
しかも,この3人の組み合わせが珍ですよ珍!
すばらしい〜〜!

次回は,百年後のフロク!
アルファがベータをカッパらしたらイプシロンした。なぜだろう。
がどういう文脈で出てくるのか謎だったので,楽しみです。

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
1話目で、のび太がドラえもんを挑発してあの矯正アイテムを自分に着用させたのは、「抜け目無かった」ですね。
でも、サボったツケを神様に払わされる※なんて残念でしたね。

※:パパに追い回される。

2話目で、筆箱の奪還ぶり、「勇敢」でしたね。

失礼します。
鳴海みぐJr.
2017/07/22 16:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
わさドラ感想第285回 暴走ランナーパパ,カルガモエッグ(2017.6.16) のび太リアニズム/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる